取扱鋼材

取扱鋼材

  • SUS321

  • SUS321

    SUS321は、「JIS G 4303 ステンレス鋼棒」に規定されているオーステナイト系ステンレスです。 SUS321とは、SUS304に、炭化物安定元素のチタン(Ti)を添加にすることより、粒界腐食や耐食性に安定した性質を持たせた鋼材です。 SUS321の硬度は、固溶化熱処理状態でHB:187以下です。比重は7.93。

お電話でもお気軽にご相談ください

070-1545-9889 平日:9:00〜17:30

用途
化学、製紙、染料、肥料工業 など
代表成分

SUS310Sは、クロム(Cr)を17.00~19.00、ニッケル(Ni)を9.00~13.00、チタン(Ti)を含有炭素量の5倍以上、炭素量(C)を0.080以下を含むオーステナイト系ステンレス鋼です。

SUS321 C Si Mn P S Ni Cr Ti
成分値 0.08以下 1.00以下 2.00以下 0.045以下 0.030以下 9.00 ~13.00 17.00 ~19.00 5×C%以上
機械的性質

SUS310Sの固溶化熱処理状態での機械的性質は、硬度(HB):187以下、耐力:205N/㎟以上、引張強さ:520N/㎟以上、伸び:40%以上、絞り:50%以上です。

耐力 N/mm2 伸び % 絞り % 硬さ(HB)
205以上 40以上 50以上 187以下
加工性・特性
SUS321の加工性は、SUS304と比較して、チタンが含有されている分、被削性は劣ります。 切削性としては、SUS316程度でしょう。 SUS321は、チタンが添加されており、耐粒界腐食性に優れています。 粒界腐食とは、ステンレス鋼を約500~800℃に加熱すると結晶粒界にクロム炭化物(Cr23C6)が析出し、粒界腐食により耐食性が悪化することですが、SUS321は、チタンを添加し、チタン炭化物を析出させることで、クロム炭化物の析出を抑え、耐粒界腐食性を向上させています。 400~900℃の腐食条件で使われる部品、高温用溶接構造品によく使われます。

お電話でもお気軽にご相談ください

070-1545-9889 平日:9:00〜17:30

免責事項

本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、入力ミス、プログラムミス、翻訳ミス等により誤った情報を表示している可能性があり、 その内容(技術および規格資料・在庫資料などのすべての提供形態が該当します)について保証するものではありません。 株式会社阪神メタリックスは本ウェブサイトの使用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。

阪神メタリックス