取扱鋼材

取扱鋼材

  • SUS347

  • SUS347

    SUS347とは、オーステナイト系ステンレス鋼の代表鋼種であるSUS304に、Nb を添加した安定化鋼で粒界腐食性がありません。

お電話でもお気軽にご相談ください

070-1545-9889 平日:9:00〜17:30

用途
化学、製紙、染料、肥料工業etc
代表成分

SUS347はSUS304に、NbをC量に対応(Nb/C≧10)して添加し、鋼中のCrを主成分とする炭化物MCの代わりにNbCを生成させ、熱処理や溶接後の冷却過程で起こるMCの粒界析出による粒界隣接部でのCr欠乏層形成に起因する粒界腐食(intergranular corrosion)を防止するよう合金設計したステンレス鋼です。 400~900℃の腐食条件で使われる部品、高温用溶接構造品によく使われます。

SUS347 C Si Mn P S Ni Cr Nb
成分値 0.08以下 1.00以下 2.00以下 0.045以下 0.030以下 9.00 ~13.00 17.00 ~19.00 10×C%以上
機械的性質

加工時に大きな力や衝撃が加わることで加工硬化がおき、これによって特性が変わることがある点には留意すべきです。 加工硬化は強度アップのために意図的に起こすことがある一方、一般に加工がやりにくくなるため、加工目的やメニューによっては倦厭される現象の一つです。 SUS347の規格で定められた引張強度、耐力、硬度などの数値は下表の通りとなります。

耐力 N/mm2 引張強さ N/mm2 伸び % 硬さ(HB)
205以上 520以上 40以上 187以下
加工性・特性
ステンレス鋼は、表面に緻密に形成されたCr(クロム)の極薄い酸化皮膜(不動態皮膜)によって錆が内部に進行することを防いでいるため、優れた耐食性を持っています。 その不動態皮膜の厚さは1~3nm(ナノメートル)程度と極めて薄く、また、不動態皮膜は自己修復機能があるため、通常の環境であれば皮膜が破れても鋼中のCrを使って再生することが出来ます。 不動態皮膜が形成されるためにはCrは11%以上の含有が必要とされています。 しかしながら、不動態皮膜を持っていても、使用環境(海水、塩水など)によってはその一部が破壊され、局部的に腐食が進行することがあります。 オーステナイト系ステンレス鋼の中でもNbを添加したSUS347は、高温強度はもとより、クリープ強度や耐SCC性に優れるため、火力発電所の熱交換器や排熱管など約850°Cまでの高温 環境で使用できるとされます。 しかし長時間の加熱により、主としてNbとFeが結合したFe2Nbの組成からなる Laves相が析出します。Laves相は硬くてもろいため、局所的に析出すると機械的性質やじん性に影響を及ぼし、一般にLaves相ぜい性として知られている挙動が現れます。

お電話でもお気軽にご相談ください

070-1545-9889 平日:9:00〜17:30

免責事項

本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、入力ミス、プログラムミス、翻訳ミス等により誤った情報を表示している可能性があり、 その内容(技術および規格資料・在庫資料などのすべての提供形態が該当します)について保証するものではありません。 株式会社阪神メタリックスは本ウェブサイトの使用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。

阪神メタリックス