取扱鋼材

取扱鋼材

  • S35C

  • S35C

    機械構造用炭素鋼のうち、炭素含有比率の代表値が35のものです。炭素量の幅としては、0.32~0.38のものになります。 炭素鋼を熱処理して強靱化するときに判断される炭素含有量の境目は、目安として約0.3%(S30C)を越えると所定の焼入温度から急冷すると硬化させることが出来ます。 故に、S35Cはそのままで、焼入焼き戻し・高周波焼入処理等の熱処理による強靱化が可能です。

お電話でもお気軽にご相談ください

070-1545-9889 平日:9:00〜17:30

用途
ボルト、ナット、工具、エンジン部品、生産機器 など
代表成分

S35Cの「35」は炭素鋼たる所以でもある「炭素」の含有量の代表値を示しています。 S35Cは炭素鋼に分類され、こちらは主に成分による規定が採用されています。具体的には、C(炭素)、Si(ケイ素)、Mn(マンガン)、P(リン)、S(硫黄)の含有率の範囲が定められており、S35C材はこうした組成上の規定があります。

S35C C Si Mn P S
成分値 0.32~0.38 0.15~0.35 0.60~0.90 0.030以下 0.035以下
機械的性質

引張強さ N/mm2 伸び % 絞り % シャルピー衝撃値 J/㎠ 硬さ(HBW)
570以上 20以上 55以上 98以上 167~235
加工性・特性
炭素鋼は、焼入れや焼きならし等の熱処理を行うことで強度をコントロールして使うことの多い材料です。 S25Cより硬くS45Cより柔らかい材料です。 S35Cは熱処理状態によって加工性や材料本来の特性は変化します。

お電話でもお気軽にご相談ください

070-1545-9889 平日:9:00〜17:30

免責事項

本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、入力ミス、プログラムミス、翻訳ミス等により誤った情報を表示している可能性があり、 その内容(技術および規格資料・在庫資料などのすべての提供形態が該当します)について保証するものではありません。 株式会社阪神メタリックスは本ウェブサイトの使用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。

阪神メタリックス